レーザー脱毛は皮膚に悪影響がない?

ワキ脱毛

ワキ脱毛をする場合、レーザーによって肌が荒れたり皮膚がんになりやすくなるのではないか、と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

一般的なイメージからいうと、レーザーを直接肌に当てるわけですからそのように考えられるのも当然だといえます。
しかし、結論からいうと、レーザー脱毛による肌荒れのリスクや皮膚がんのリスクはありません。
というのも、レーザー脱毛を行う際のレーザーは皮膚の表面から数ミリのところまでしか届かないようになっているからです。
このためいたずらに肌を傷つけることはありません。
また、皮膚がんの原因となるのは紫外線です。
レーザー脱毛で使うレーザーは赤外線に似たものですのでこのリスクもないといえます。

レーザー脱毛は埋没毛にも効果がある?

レーザー脱毛は黒い部分に反応して脱毛を行うため、特に太い毛や濃い毛のあるワキ脱毛などでは効果が高くなります。
医療機関の医療レーザーであれば医師が常駐しているため、強力なレーザー治療を行うことが可能です。
また、エステサロンのレーザー治療は低出力のマシンのみを使用しているため、効果が出るまでにかなり時間がかかります。
そして、毛抜きやカミソリで自己処理をしていると毛穴にかさぶたが出来てしまい、埋没毛の原因にもなってしまいます。
埋没毛は光脱毛で処理することが出来ませんが、レーザー脱毛の場合は回数を重ねることで確実に綺麗にすることが出来ます。
また、毎日の保湿を加えることで効果が相乗されるため、埋没毛をなくすことが可能です。

レーザー脱毛で汗の量が増えるって本当?

ワキ脱毛
レーザー脱毛された方の体験談ではワキ汗はかき続けられる方ばかり。
むしろ量が増えたと言われる方が多いのです。
実際はレーザー脱毛ではアポクリン腺と呼ばれる汗腺の破壊はされません。
では量が増えたというのはどういう事でしょうか。
ワキ汗は通常ワキ毛から伝わって体外に排出されます。
ワキはもともとアポクリン腺の数が多いですが、ワキ脱毛を行って毛が無くなってしまうと、毛穴からダイレクトに汗があふれ、今までよりも量が増えたと感じるのです。
実際にワキ脱毛を行った前後でアポクリン腺の量は変わっていません。
施術前はワキ毛がクッションの役割を果たし、ワキに伝うのを防いでいたと考えられています。
毛が無くなるとワキに伝わった汗でぬるつきを感じ、酷くなったと感じる方が非常に多いのです。

レーザー脱毛の効果が実感できるまでの回数は?

ワキ脱毛
レーザー脱毛で効果を実感できる回数は、施術をする部位によってもかなり異なってきますが一般的には4回から5回程度と考えられています。
ワキ脱毛に関してはそれよりももう少し付くない程度で処理をすることになりますので、レーザー処理を利用すれば比較的簡単に綺麗な脱毛を実現することが出来るでしょう。
何度も施術をしなくてはいけないのは、一度の処理で脱毛できる体毛の範囲と本数が決まっているからです。
レーザー脱毛は確かに出力の強い処理方法なのですが、とく脇に対して処理をする時には照射範囲を限定して処理をしなくてはならないので、完璧に効果を実感するまでには数回の施術が必要になります。
体毛が他の部分と比べて濃い部分でもありますのでこの点はしっかりと認識しておくことが重要です。


美容クリニックの脱毛方法
<医療レーザー脱毛>
脱毛クリニックなど医療機関の場合は医療レーザー脱毛となります。
こちらも、光をムダ毛に反応させて熱を発生させるという基本的な仕組みはエステの光脱毛と同じです。
しかし、医療機関ですので、エステよりもパワーの高い機械を用いることができます。
その分エステより痛みも強いですが、施術回数はエステ脱毛の半分程度となっています。
ワキ脱毛情報サイト:ケナシア

皮膚科とクリニックのレーザー脱毛の効果は同じ?

ワキ脱毛を受けるのにレーザー脱毛を利用したい場合、基本的には、一般の皮膚科と美容クリニックで受けられるレーザー脱毛の効果は同じように高いと言えるでしょう。
近年では、一般の皮膚科でも脱毛を行っていてレーザー脱毛機を置いている所がありますが、そのような所と美容クリニックでのレーザー脱毛の違いは、どの機種を使っているかや、どの位の症例数を扱っているかで変わってきます。
例えば、多くの症例数を扱っている施設なら、医師やスタッフがワキ脱毛の経験を豊富に持っているので、色々な人の肌質や毛質に合った施術をスムーズに提供出来ることでしょう。
また、脱毛機の機種の中にはワキ脱毛の痛みを少なく出来るものがあるため、痛みが苦手な人はそのような機種を使っている皮膚科やクリニックがおすすめになります。
レーザー脱毛を受ける時は皮膚科とクリニックの看板の違いよりも、使っている機種などに注目して選ぶと高い効果が得られます。